RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ユタカのびょういん
                


よく行く近所の図書館は
いらなくなった本をリサイクル本として
フリーに持って帰れる棚がある

いつも図書館に行くと必ずチェックするようにしている私

何も無いことも多いけど
えっ!この人のこの絵本が!
ということもけっこうあるので見逃せない

この間は私の記憶からすっかり忘れ去られていた絵本が置かれていて
表紙を見た瞬間 あっ!あ〜これっこれはっ!と瞬時に思い出した絵本があった

それが 谷川俊太郎作「よるのびょういん」

白黒写真オンリーの絵本
盲腸になったユタカ君が救急車に乗って夜の病院に行き手術を受ける様子を
ドキュメンタリータッチで描いている絵本

この絵本の中でユタカのお父さんが
「だからぶどうのたねを食べると盲腸になるっていっただろう!」
と怒ってお母さんに言ってるシーンがあって
絶対ぶどうのたねは食べないぞ なんて思ったりしたもんでした

懐かしいなぁ
と 私が思っている横で 
すみれはすごく新鮮にこの絵本を受け止めていて
ユタカが手術をするシーンや お父さんの怒ってる顔 お母さんの心配そうな顔など
じっと見入って 「ユタカは? ユタカはどこ?」と
のめりこんでいます

かわいいかわいい絵本や空想だけの内容でなくても
日常のひとコマを切り取ったものも
子供はしっかりと受け止めていて
改めて絵本はおもしろいなぁと感じたのでした

昔好きで読んでいた絵本にふとしたことで出会うことが
最近ホントによくあります

母がどんな気持ちでこの絵本を選んでくれたのか とか
自分が子供の頃どんな気持ちで読んでいたのか どのシーンが好きだったのか
昔の私の大切にすごしてきた時間の流れやその時の思いを
今自分の子供とともに触れられることが出来るのって
それも絵本のすばらしいところなのではないかしら


また 掘り出し物を探しに図書館に行かなくちゃ!






author:ミホレンジャー, category:2歳6ヶ月, 00:29
comments(2), -, pookmark
Juguがくる
                

いつも何か大変な時には力になってもらっていた ような
私のいいところも悪いところもよっく知っている
高校時代の友人が遊びに来てくれました

最近はなかなか会える回数も減ってきていたけれど
久しぶりに会っても 楽しくのんびりと過ごせるのが
とても嬉しい



最初は恥ずかしそうにしていたスミレも
段々と近寄って行っては
「マドカチャン、マドカチャン」と言ってました


一緒に木を製作中


                
優しい色合いの可愛いお菓子をお土産にもらいました
ありがとう

今度はもっともっとゆっくりと
お酒なんぞを飲みながらトロトロになりたいなぁ


author:ミホレンジャー, category:2歳6ヶ月, 00:58
comments(3), -, pookmark
夏休みの前
                

夏休み直前
ガラガラの豊島園に遊びにいってきました

この日はお天気もあまりよくなかったので
プールもお休み
そのせいかほとんど人もいなくてほぼ貸切状態

昔 中学生の頃来てものすごい長い時間並んだような乗り物が
3,4人乗ってるだけで動いたりしていて
あまりにも人がいなさ過ぎるのも切ないもんだなぁ なんて
勝手なことを思ったりしてました

              


遊園地で食べるものと言えば
売店の焼きそばとかフランクフルトというイメージでしたが
なぜか豊島園はカレーを押していて
それもインド人が作るインドカレー ナン付き

白いコック棒を被ったインド人らしき人達が
上手な日本語でテキパキとさばいてました
これが なかなかのお味

豊島園に行ったらぜひインドカレー!
私もおしときます(笑)

                 
 ↑ そのインドカレー屋の中の売店で売っていた帽子
   なんと 100円! 
   100円って… 即買いでした


author:ミホレンジャー, category:2歳6ヶ月, 00:48
comments(2), -, pookmark
おかげさまでピカピカ
たあいもないことで
というか あまりわけのわからないことで
ケンカというかなんというか
私と旦那と二人とも「ふんっ!」と言う雰囲気だった昨日の夜

テレビを見ている旦那 と
台所をせっせと掃除する私

二人とも何もしゃべらず し〜んと それぞれのことをする

腹が立っている時って
台所仕事とか掃除とかがいつもの倍以上の集中力で
やりとげられてしまうのはなぜかしら


そういえば 母が父とケンカするとやっぱり台所をせっせと磨いていたっけな…



今朝になってもまだぎこちない雰囲気の中
スミレはその空気を察知していたのか
いつも寝起きの機嫌は悪いのに
今日は朝からなぜかハイテンションで笑顔を振りまいていたのでした

うぅぅ 気を使わせてごめんよ


この世に生まれてまだ2年ちょっとしか経っていないのに
周りの空気を感じて 危険を回避しようとするその姿勢に脱帽

しっかり仲直り(?)したいと思います



author:ミホレンジャー, category:2歳6ヶ月, 00:12
comments(3), -, pookmark
夏の便りがやってきたん
                 
             

とれたてのとうもろこしが
たくさん旦那の実家から届きました

とれたては すぐ皮をむいてゆでて
茹で上がった後 しばらく茹で汁の中に放置しておくと
甘みがぬけず マメの一粒一粒までふっくらと美味しくなる
というのを お母さんから聞いて早速実践

あらぁ マメがしわしわにならず 
いつまでもふっくらでジュ〜シ〜!

さすがお母さまです


茹でているととうもろこしの甘い香りが部屋中漂い
あ〜 甘くていい香り〜
と思ってくんくんしてみれば どこかでかいだ匂いだわ これ

あ、新生児のウン○の匂い…?

それもまた懐かしくて さらにくんくん


                 

                 





author:ミホレンジャー, category:2歳6ヶ月, 22:40
comments(0), -, pookmark