RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
スミレのなみだ
               
       ほおずきではなくて、ふうせんかずら
           実家の近くの原っぱで。



 


週末実家に帰ったとき
スミレがどこかの引き出しから古い古い昔のいろんな写真を見つけてきて
1枚出しては皆がいるリビングに持ってきて…
というのを繰り返していたら
私の中学時代の写真を持ってきたので
ヤダなぁと思いサッと旦那には見えないように取り上げたら
それに気付いた旦那ともみあいに…。

羽交い絞めにする旦那と絶対写真を離さない私。
マァマァと笑う私の父と母。

でも、その光景に心臓が口から出るぐらい驚いていた人が一人いたのです。
そう、スミレ。

旦那が嫌がる私に暴力を振るっていると思った彼女は
大泣きの大泣き。
「ヤメテ〜っっ!」と泣き叫び
旦那を止める、蹴る。

ふと見ると 必死の形相でした。


思わず 旦那と手を握り合い
「お父さんとお母さんはケンカしてたんじゃないよ〜!」
「仲いいんだよ〜」
と実家の両親の前だったにもかかわらず
(後で考えるとちと恥ずかしい)
必死で仲が良いことをアピールして事なきをえましたが

いやぁ いけません。
けんかじゃなくったっていけないんだよねぇ
と反省。

「これだけ想ってもらえるのも幸せよねぇ、今だけだよ〜」
と母。

そうだよね、そうだよね
と なぜか一人目頭が熱くなってしまった私。

ホント親ばかなんだけどさ…。




author:ミホレンジャー, category:2歳7ヶ月, 00:05
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:05
-, -, pookmark
Comment