RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
チベット砂曼荼羅とバター彫刻
 


私とチベットとの出会いと言えば…


以前インドへ旅行したときに
(あれはインドのどこだったっけ…)
チベットの僧侶の団体に会い
(坊主頭に赤紫色の袈裟)
はじめて見るチベットの人たちがあまりにも日本人顔していたので
インドに疲れていた私は親近感が沸いたと同時に
なぜだかホッとしたんだよなぁ


そのぐらいしか
私とチベットととのつながりはないのだけど
護国寺でチベット砂曼荼羅ライブパフォーマンス
なるものが開催されていると聞いて
なんじゃそりゃ??と覗きに行ってきました


このイベントは北インドの寺院から僧侶が来日し
砂曼荼羅とバター彫刻を行うというものらしい

砂曼荼羅? ましてやバター彫刻って なに??

全く想像も付かないまま
まず会場に入ると
バター彫刻をしている赤紫の袈裟を着た僧侶が3,4名

まさにあの食べるバターに食紅などで色をつけて
手でこねながらお花などの彫刻を作っていました

普段はお正月の本尊への供物として制作されるものだそう
これがほんとにバターなの?という感じで
とても繊細で美しい形となっていたバターは
バターであって私の知っているバターではなかった…

まさに芸術品

赤や緑や黄色の細かい花びらが幾重にも重なり
鮮やかな一つの花となっていました


芸術品といえば
砂曼荼羅!

これがもう繊細、綿密、荘厳美、
鮮やかな色をつけた砂が僧侶達の静かな作業の中で
少しずつ曼荼羅として形になっていっていました

この曼荼羅は僧侶達の修行の一つで
日本のお坊さんで言えば写経をしてお経を覚えるように
この曼荼羅の図を描き順から色から図から全て覚えて
初めて一人前の僧侶になれるというもの

凡人の私から見ると
適当にちゃちゃっと描いてしまえば…
なんて思っちゃうけど
そんなことはもちろん許されるわけもなく
(当たり前か、修行だもんね)
僧侶達は静かに迷いなく
砂で曼荼羅を描いていました

(描き方もおもしろく
 棒の中に砂を入れもう一本の棒でその棒をこすると
 棒の中から砂が少しずつ落ちてくるという不思議なやり方だった
 静寂の中にただゴリゴリという棒をこする音
 不思議で気持ちのよい音でした)



何か一つの宗教を強く信仰するということがない私ですが
人が一つのことを強く想い願い
静かにただ黙々と制作する姿には
いつも感動をもらいます

またそういう気持ちで制作されたものは
技術的に上手いとか下手ではなく
何故かその想いというものは必ず伝わってくるもので
私の心の奥を震わせます

今回は護国寺という
お寺の中で拝見できるというのもあり
また格別におもしろかったように思います


これがもしチベットの寺院の中で見ることができるのなら…
その風土、文化溢れる中で見る曼荼羅はまた格別であることは
まず間違いないだろうな



「どこでもドアがあればいいね」(by 旦那)




スミレはというと…
私たちがバター茶を飲んでいる横で
チベットクッキーに舌鼓。。。






曼荼羅(まんだら)。。。それぞれの本尊が住む宇宙ないし浄土をあらわしたもの

チベットでは、寺院や団体が何らかの発願をし、その成就を願って執り行う儀式の中で砂曼荼羅が制作されます。

僧侶達は瞑想の中で本尊の浄土(曼荼羅)を観想すると同時に
砂曼荼羅という物質的な浄土をも制作します。
精神と物質の2つの曼荼羅が完成したところで、
儀式によって本尊を曼荼羅に招き祈願をします。
無事に祈願が終わったところで、本尊に再び本物の浄土にお帰りいただき
制作した砂曼荼羅は一粒一粒の砂に戻して川に流します。
砂曼荼羅を壊すという行為には
「全ては無常であり、空である」
という仏教の教えが表現されています。


       (チベット砂曼荼羅ライブパフォーマンスのちらしより抜粋)

今回制作した砂曼荼羅は江戸川に流すようでした


author:ミホレンジャー, category:1歳6ヶ月, 23:09
comments(2), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:09
-, -, pookmark
Comment
ほぇ〜。バター彫刻!凄いね。バターとは
思えない。素材がバターと言う事は
かなり暑くなると危険な作業なのね。
出来た作品はその後どうなるのかな?

宗教的な背景がある作品って、本当に
うまさとかは関係なく、作った人の精神を
感じるよね。

チベットかぁ。行って見たいわ。
もも, 2006/07/31 10:39 AM
>もも
多分危険な作業だと思うよ。
通常はお正月の1月に制作するものみたいだからね。
氷水につけながら作ってたよ

チベットは未知の国の一つだよねぇ
なかなか行く機会がないしね
ミホレンジャー, 2006/07/31 10:13 PM