RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ものとひと
以前ここにも書いたけど
うちの台所には
辰巳芳子さんの言葉が貼ってある

「食事を作る人が辛抱強さを取り戻さないと、
 食事の支度とは忍耐のいるものだと
 真っ向、認めなおすより他ない」


何度、いつ読んでも
しっかりと心に入ってくる言葉


今日
教育番組で辰巳芳子さんが出ていた
全4回のシリーズで今回は3回目

少しドキドキしながらテレビの前に座る私

今までいろいろな雑誌や本で
辰巳さんの言葉や生活スタイルに触れたことはあったけれど
やはりご本人の口からしっかりとした言葉を聞くと
自然と姿勢を正して聞いている自分がいた…

想像していた以上に
優しい語り口
そしてとても上品で凛とした女性


辰巳芳子さんといえば
「いのちのスープ」

「人は生まれてスープを飲み
 死ぬときにスープを飲む」

という言葉を以前何かの本で目にして
なるほどなぁ…と深くうなずいた記憶があります

ちょうど離乳食期だったのでなおさらでした


私のイメージする料理家って
きれいなエプロンをして
「おいしく手早く!」
「お客様をおもてなし!」
「おしゃれに!」
「今夜のオカズに困ったら!」みたいなものだけれど

辰巳さんは全く異なっていて
料理と人生の哲学がクロスしているのだ


今回は「塩と風」がテーマ
なんでもないようなテーマだけれど
辰巳さんはしっかりと自分の中に塩と風を刻み込んでいた


塩でも風でも
いい塩梅にその食材に人が手を加えたら
後はそのもののの本来持つ力で行きたい方向にいってもらうこと
それが重要であって
またそれを見るのが楽しい

そういう過程を経て思うことは
物が人の手をとって導いてくれる

人と人の関係は言葉で粉飾できるけれども
人とものは向き合って悪い結果になれば
それによって自分を知ることができる

私が料理をしていて
想像をもしなかったことを
辰巳さんは気付けるこの豊かな深い感受性

ものとひと

どちらが優位に立つというわけでもなく
ものの世界を尊重するということ


由布院の老舗旅館の板前さんに
料理を教えるという講座をもっている辰巳さんは
その講義の中でこんなことも言っていました


「職人はどんどん稽古すればするほど我がとれていくはず。
 それはものと向き合ったときに
 そのものの行きたい方向を見極めて
 その手助けをしていくわけだから」



たくさんの人を惹きつける人は
その人自身はただ一人の人間なのに
その中にある強いパワーと
そこからあふれ出てくる圧倒的なオーラみたいなものが必ずある

それに圧倒されつつも
何か自分をも動かすエネルギーをもらえる気がする
それは興奮だったり
高揚感だったり


81歳のおばぁちゃまだけれど
31歳の私がパワーをもらって
どうしましょう…


こんな夜はいろいろ考えて
上手く寝付けないことが多いんだよなぁ…


でもきっと
必ず次回も見るであろう番組


料理のことを学ぶというより
人生の哲学を学ぶ

そんな料理の番組だ








今日のスミレ

ヤンキー座りで菓子つまむ






author:ミホレンジャー, category:DIARY, 23:56
comments(4), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:56
-, -, pookmark
Comment
その人、前に情熱大陸(だったかな?)出てた人かな?
私も料理研究家って人のよさそうな笑顔で、ちゃちゃっと、ぱぱっと美味しいものを作るってイメージで、このおばあちゃんもそんな一人だろうと思って見たら、なんとも厳しい目を持っている方で、正直びびりました。
眠い目をこすりながら見ていたので、内容はあんまり覚えてないんだけど、でも、料理を説くというよりは人間としての在り方みたいなのを語っていたのが印象的だったわ。
私みたいなのはきっと教えてもらっても、恐くて手が動きません・・・って感じでした。

子供がいると、今まで食のこととかやってても興味なかったんだけど、なんとなく見てしまうわ〜。人間かわるもんやね。
なぎ, 2006/05/18 10:17 AM
私も前にNHKでスープの紹介して
いる番組観たよ。
凛とした感じのおばあちゃん(←なん
て言ったら失礼かな?)だよね?
ただ、ボ〜と見てただけなのに妙に存在
感が記憶残るおばあちゃんだったな・・・。
ちくびこ, 2006/05/18 4:19 PM
辰巳さんの御料理は、料理を超えて哲学だ!と
私も思う。
衣食住の食の部分だから、必然的に哲学と
リンクするのかなぁ?

あの言葉の続きを読んで、ありがとうと感謝の気持ちを持って表現してくれる人がいるからこそ
辛抱強く毎日御料理を作れるんだろうね。

自分ひとりなら、完全に手抜き料理になっちゃいそうだもんなぁ。
もも, 2006/05/18 6:07 PM
>なぎ
情熱大陸に出ていたんだぁ。
直接教えてもらうのは確かに勇気がいるかも…

食っていざ自分が家族のために作るようになると
すごく意識するようになるね。

>ちくびこ
ちくびこってけっこうNHK見てるよねぇ。
一回見ただけでもかなり印象に残る
パワフルおばあちゃんだよね。

>もも
そう、あの言葉の続きもすごく納得するよね。
感謝してくれないと辛抱もできないもんね。
真理子と熱くそのことを語った気がします。。。

栗原はるみさんも言ってたけど
実は家族の存在が自分の健康を守ってくれてるって。
ミホレンジャー, 2006/05/18 11:37 PM