RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
山のばぁばへの手紙
      

旦那の両親のことを
「山のばぁばと山のじぃじ」
と呼んでいるスミレ。

もうすぐ山のばぁばのお誕生日ということで
スミレがプレゼントだと言ってお手紙を書いた。
書いた というか 描いた だけど。

タイトルは「あめとはなび」
相当真剣に夢中になって描いていたので
出来上がりはかなり満足していた本人。

実は描く前にひと悶着あり
「気持ちを込めないものを描いてもしょうがない。
 しっかり描くことでばぁばにも気持ちが伝わるんだ!」
というような話をスミレとしていて、
話しながら
「(気持ちを込める…とか、しっかり描く…とかスミレに分かるのか…?)」
と思ったけれどちゃんと彼女には伝わっていた。
そのことに感動を覚える。
気持ちを込めて描いた絵にも感動した。

こういう時、2才児にもきちんと話せばわかるんだと気付かされる。
1歳だとか2歳だとかの子供に話が通じるなんて
昔は思ってもいなかったし、ましてや話の出来ない赤ちゃんに
通じることがあるなんて想像できもしなかった。
でも自分が子供の頃は同じようにわかっていただろうに
そういうことって忘れちゃうのね、大人になると。
聞いてないふりして聞いてわかってるしね 子供って。

適当に接してはいけないと思う。
子供だから 適当に、とか、ウソでごまかすことはきっとばれているはずだろう。

子供だから、ではなくて
誰とであれ、ちゃんと向き合って話すことは通じることなのだ。
だから 向き合っていない ということも 相手に通じてしまっているのだろうとも思う。








author:ミホレンジャー, category:2歳8ヶ月, 00:55
comments(2), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:55
-, -, pookmark
Comment
メールと比べて手紙って、たった一言でも
凄く気持ちが伝わってくるよね。

字が汚くても、丁寧に一生懸命書いていたら
分かるけどメールだと伝わらないし、
アナログなのが一番心に響くよね。

山のじいじとばあばの喜ぶ顔が目に浮かぶねぇ。
momo, 2007/10/18 9:32 AM
>momo
ほんとねぇ。
最近手紙を書くことほとんどないものねぇ
ま、字が汚いから避けて通りたいっていうのも
正直あるけどさ。
ミホレンジャー, 2007/10/20 1:15 AM